ごあいさつ

院長ごあいさつ

このたび御器所こころのクリニックを開設した院長の岡崎純弥と申します。「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。」と書いたのは夏目漱石でしたが、日々の生活を送る中でこころのバランスを崩されたり、困りごとを抱えておられたりする方も多いのではないかと思います。

医学部を卒業し精神科医となってから、さまざまな心の困りごとを抱える方々に関わって参りました。これまで治療の力点を置いてきたことは、当然ながらそういった方々の苦悩を少しでも和らげ、困りごとを解決することでした。

しかし、一歩立ち止まって考えてみると、そういった方々の誰もに、他の何よりも大切にしてきたこと、大事にしてきたものがあるはず、もしくはあったはずです。もしかしたら、こころの困りごとへの対処を続けようとする日々を送るうちに、そういったものが見えにくくなっておられることがあるかもしれません。治療に取り組んでいく中で、それが果たして何なのか、何であったのかを一緒に探していくような関わりができたらと考えております。


院長の経歴・資格など

氏名
岡崎純弥(おかざきじゅんや)

略歴
平成15年 名古屋市立大学医学部卒業、並びに医師免許取得
      これより二年間
      名古屋市立大学病院 精神科研修医 及び
      総合病院 南生協病院救急外来・総合内科研修医
平成17年 総合病院 南生協病院精神科医員 
平成19年 一草会 一ノ草病院医員
平成23年 一草会 一ノ草病院医局長
平成25年 一草会 一ノ草病院副院長
  この他に名古屋市立大学病院こころの医療センター
  認知行動療法外来などを担当
平成27年 御器所こころのクリニック開設

精神科医としての資格など
精神保健指定医
日本精神神経学会認定専門医・指導医
臨床研修指導医

心理療法に関する資格など
厚生労働省認知行動療法研修事業スーパーバイザー
米国認知療法アカデミー認定セラピスト・認定評価者
米国ペンシルバニア大学不安障害治療研究センター認定PEセラピスト

所属学会
日本精神神経学会
日本認知療法学会


その他